看護師転職

看護師転職の内定のタイミングと断り方と注意点

 

看護師はどこも不足していて他の職種に比べると転職が成功しやすいですが、面接を向けて内定をもらったあと、なんらかか理由で断らなければならないケースもあります。

一番多い理由は第一志望の病院から内定をもらったために、断らなければならないパターンです。

内定を出した病院は穴てに来て欲しくて内定を出しているので誠意を持って断らないといけません。

今回は内定を断るタイミングや断り方、その注意点について解説します。

 

看護師転職で内定を断る理由

 

内定を断る理由の一番は「第一志望の内定をもらったから」ですが、それ以外にも看護師が内定をもらって辞退するケースは多いです。

労働条件や休日や待遇など、事前に聞いていた条件と違う場合もあります。

この場合は書面にてもらっていた方が後々に役立ちますので必ず書面にてもらってください。

 

看護師転職で内定を断るタイミング

看護師の転職で内定をもらったけど、断らなければならないときに、いつ言えばいいか心穏やかからない人がいると思います。

内定を断るのならできるだけ早く伝えた方がいいです。

病院側は内定を承諾すると思っているのでスケジュール調整や体制を決めたり手続きを進めていきこともあります。

できるだけ早く伝えれば病院側に余計な手間をかけることもないので断る際にはできるだけ早く伝えましょう。

 

看護師転職で内定の断り方

内定を断るのを言いづらくてメールで伝えたいと思うかもしれませんが、内定を断るときは電話で連絡をすることが社会人としてのマナーです。

メールは相手がいつ読むのか心穏やかからないですし、いつまでも気づかなければ手続きを進めていきま寿司、なによりも失礼です。

内定を断るときに内容は、辞退することと申し訳ないですとちゃんと伝えることです。

内定を断る理由は訊かれなければ言わなくても大丈夫です。

訊かれた場合は丁寧に正直に伝えれば問題ないです。

誠意ある姿勢を見せようと直接訪問して断るという方法もありますが、忙しい病院の業務の妨げになりますし、どちらにしても電話にて伝えるべきです。

「直接訪問させてください」と言っても、病院側も手間になるのでそこまでしなくていいと言われるケースがほとんどです。

 

看護師転職で内定を断る注意点

 

もしも第一志望の結果がまだ出ていなくて内定を保留したい場合は、それを正直に伝えるのではく、「いくつか検討しておきたいので待ってください」と電話で伝えましょう。

その際には期日を決めて、いつまで内定承諾を待っていただけるかを確認してください。

あくまでもお願いする立場なので、言葉遣いには注意しましょう。

転職は人生においても重要なことなので、自分の希望と合わない場合いは、転職してからすぐにやめるよりも辞退する方がいいです。

ただ、どちらにせよ内定をいただいた病院には配慮が必要です。

断りにくいからと先延ばしにすることは避けて、できるだけ早く伝えることが誠意のある対応です。

また、内定を承諾した後も辞退は可能です。

しかし、病院側は受け入れ態勢を進めていたので最悪の場合ペナルティを受ける可能性がありますので、できれば内定を承諾する前に辞退を伝えてください。

ただ、転職の際にはいくつかの病院の面接を受けることは転職の成功に繋がりますので問題ないです。

 

まとめ

第一志望の内定が後で決まり、看護師転職の内定を断ることは良くある話です。しかし内定を断るのなら電話にてで来るだけ早く連絡してください。

誠意のある対応を心がけて伝えればトラブルにはなりませんので安心して転職を成功させてください。

-看護師転職

© 2022 元クリニック医療者の看護師さんへの仕事アドバイス|看護師天使 Powered by AFFINGER5