看護師の仕事の悩み

40代看護師の看護師の悩みアルアル【医療現場にいて解ったこと】

 

40代看護師は雑務が多くなったり責任も強い年代です。

周りからはもうベテラン看護師と言われているのではないでしょうか。

今回はそのような年代の看護師の悩みについてまとめました。

元・医療者
私の勤めていたクリニックの看護師さん40代の人は大ボスでした。怖かった。。40代の看護師さんは非常に仕事にストイックな人や性格がひねくれた人や優しくもあり、厳しくもあるような人などホントに様々な印象

 

40代看護師の悩みあるあるについて

 

40代の看護師は何か忙しい時期でもあるので、悩みが多い看護師は少なくありません。

体力的にも辛くなってくる年代ですね。

 

その悩みのあるあるについてご紹介します。

 

体力的にきつい

40代看護師の悩みの多くは体力的な理由です。

 

元・医療者
年齢を重ねていくとどうしても体は衰えていきますね。
若い時と同じようには働けないですね。
新人看護師

 

若い頃に比べて体は衰えているので、ハードな仕事には耐えられなく、辛い思いをしている看護師も少なくありません。

もう20代や30代のように勢いだけでハードな仕事はできなくなってしまうので、やりがいはあっても体力が追いつかないのが現状のようです。

年々夜勤も厳しくなってきます。

そのため、ゆったりとした職場に転職するという看護師も少なくありません

 

元・医療者
日勤のみの仕事がしたいって言う看護師も多い年代でもあるね。

 

人間関係が面倒

人間関係がめんどくさいと感じる看護師は40代に多いです。

 

元・医療者
自分のことだけじゃなくて、後輩たちのトラブルを解決させるのにも苦労している看護師が多いですね。
新人看護師
世代が違うと、自分の中で当たり前と思っていたことが通じない場合がありますよね。

 

この年代になると、自分自身の人間関係に対してのストレスではなく、後輩たちの人間関係のトラブルを円滑に解決させるために駆け回ることが多くなります

世代が代わり、自分が若い頃とは違う環境や教育で育ってきたこともあり、自分の中の常識が通じない場合もあります。

後輩によって世代が異なるので、それをうまくまとめ上げれないことにストレスを抱える看護師が多いです。

 

元・医療者
年齢層が高い職場に転職することでこの悩みを解決するって手段もあるよ。

>>看護師が人間関係のいい職場に転職できるサイトランキング

 

管理職がつらい

管理職について欲しいと言われることがあるのがこの年代です。

 

元・医療者
40代になると管理職を任されることがあって、収入が上がるけど精神的な負担が多くなってしまう場合があるんだね。
新人の指導や、後輩が辞めていくことなどで色々と動かなければならない時がありますしね。
新人看護師

 

新人を教育してもなかなか育たなかったり、人間関係や仕事の辛さなどで退職していく看護師もいます

その場合は新しい人材を募集して育てていく。

そして、だれかがまた辞めるなど繰り返しになり精神的にも疲れてしまうでしょう。

 

退職されては困るので引き止めをしなければいけなかったりしますね。

辞めていかないためにも看護師の環境をよくしたり、新人が育つように教育環境を作るのも仕事になったりするのでそれにやりがいを感じればいいのですが辛くなってしまうケースも少なくありません。

 

元・医療者
どの職種や職場でも管理職は大変だね。

>>看護師の逆指名転職があるサイトの比較ランキング

 

医療事故への不安

何年経っても尽きないのが医療事故への不安です。

 

医療事故への不安は誰でも持ってますよね。
新人看護師
元・医療者
医療事故が不安だったから知識を深めたり、技術を磨いたり、基本に忠実にして気を張っていたよ。 でも、40代の看護師の場合での不安は自分のことだけじゃなくて後輩が医療事故を起こさないか不安になるんだ。

 

 

緊張感を持つことは大事ですが、これは自分だけだけではなく、部下や後輩が医療事故を起こしてしまうという可能性があるため不安になってしまうこともあります。

 

人間なのでミスはしますが、大きな医療事故を起こさないためにはインシデントをなくしていく対策を練ることも大事になってきます。

 

元・医療者
危険を回避するために定期的にミーティングを行なったり、ルールを強化していくこともあるね。

 

転職への不安

今の職場を辞めたいけど転職できるか不安になってきます。

 

転職するにもかなり慎重になる年代でもありますね。
新人看護師
元・医療者
でも、絶対に転職ができないなんてことはないよ。

 

看護師は人手不足なところが多いため、何歳でも転職がしやすい職種ですが、希望が通りやすいのは20代や30代です。

しかし50代になるとさらに転職には不利になるので今のうちにすることがスムーズになるかもしれません。

 

健康問題

若い時の無理がたたって、体がぼろぼろになっているという看護師も少なくありません。

 

元・医療者
人間の体は食べ物でできているからね。
家族の健康のことも考えないといけないですね。
新人看護師

 

40代になると、生活習慣や食生活によっては、自分だけでなくパートナーの健康も心配になってきます。

 

糖尿病や高血圧などの生活習慣病だけでなく、他の慢性的な疾患も気になる年代です。

 

両親の介護

自分の両親や、パートナーの両親も高齢になって介護が必要な年になってくる年代でもあります。

 

元・医療者
介護を理由に退職しなければならない事もあるよ。

 

同居する場合は介護で身の回りの世話をすることになり、仕事との両立が難しくなってしまいます

しかし、介護施設や有料老人ホームに入れるとしても高額な費用がかかってしまいますので、そのような点から悩む事が多くなります。

 

 

元・医療者
介護施設の利用料を見たら「こんなにかかるのか」って思ったな
その費用を払うことで、なんのために働いてお金を稼ぐのかわからなくなる人もいるみたいですね。
新人看護師

 

子供の行事に参加できない

仕事が忙しくて子供の授業参観などの行事に参加できないことで悩む看護師は多いです。

平日だけでなく、休日や祝日も出勤することが多い仕事なので、運動会などの行事や、習い事の発表会などに参加することが難しくなってしまうことがあります。

 

新人看護師
rカレンダー通りの勤務担っているクリニックに転職すれば、子供の行事に合わせられますね。
元・医療者
シフト制のクリニックでも、子供の行事の日に有給を使ったり、週休を当てることができるところがあるよ。

 

40代看護師の人気転職先

 

40代の看護師は経験豊富なベテラン看護師ということもあり、転職先の選択肢は多いです

大きな病院などでは年齢制限を設けている場合もありますので、しっかりと事前に調べておきましょう。

 

介護職や療養施設への転職

40代看護師が転職として人気なのが介護施設や療養施設です。

 

元・医療者
病棟の勤務よりゆったりと仕事ができることで人気だよ。

 

病棟の辛いハードワークとは異なり、比較的ゆったりとした環境で仕事ができます

介護施設では医療行為が少なくなりますがいざという時の判断は看護師に任されるので、ある程度経験してきた看護師は歓迎されます。

 

透析クリニック

専門性を高めたいのなら透析クリニックです。

透析の分野は好き嫌いが分かれますが、準夜勤があるところは手当がついて給料が多くもらえます。

 

元・医療者
俺が透析クリニックに勤めていた時の看護師の平均年齢は45歳くらいだったよ。

 

透析クリニックの年齢層は高く、経験方法な看護師が多いです。

また、透析クリニックでは基本的に残業はなく、定時ピッタリに帰宅していました

転職前に確認!私が見てきた透析クリニックの看護師

  看護師の転職には大学病院や総合病院以外にもクリニックや診療所があります。それぞれメリットやデメリットがあるので迷ってしまいますね。 転職は失敗したくないのでその仕事や環境がドイうものなの ...

続きを見る

 

訪問看護への転職

在宅看護の分野への転職を考えている看護師はここ最近では非常に増えています。

 

元・医療者
訪問看護は基本的には1人で行動するから、人間関係に悩んでいた経験がある看護師にはぴったりかもしれないね。

 

スタッフも患者も多数いる病院とは違い、在宅看護の分野では基本的に一人で向かうので、人間関係が煩わしいと感じることなく仕事ができることでも人気です。

 

訪問看護は一人で仕事をすることから、患者の顔色やバイタルで症状を把握しないといけないので、高い看護スキルが求められます。

なので、経験豊富な40代のベテラン看護師には適してると言えるでしょう。

 

まとめ

40代看護師の悩みのあるあるでした。

一番多い悩みは体力の衰えなので、もう少し楽をしたい場合は転職するという選択肢も考えて見てはいかがでしょうか。

 

転職サイトのアドバイザーならあなたにあったいいところを紹介してくれますので、悩みや希望を伝えてより良い環境で仕事をしてください。

-看護師の仕事の悩み

© 2021 元クリニック医療者の看護師さんへの仕事アドバイス|看護師天使 Powered by AFFINGER5