看護師のキャリアアップ

キャリアアップで皮膚・排泄ケア認定看護師になるには

 

皮膚・排泄ケア認定看護師は「創傷管理」および「排泄管理」を要する患者とその家族のQOLを向上を図れる看護実績能力を身につけるための資格です。

創傷ケア・スマートケア・失禁ケアの3分野をカバーするスペシャリストです。

主に寝たきりの患者に対して、とこずれの対策や排泄指導を行います。

排泄は人間の尊厳を保つので、このケアは非常に重要なものです。
専門性が高い皮膚・排泄ケア認定看護師の仕事は需要が大きい認定看護分野です。

[char no="1" char="元・医療従業者"]皮膚・排泄ケア認定看護師の詳細、資格取得方法について解説するよ![/char]

[char no="5" char="ナース(転職悩み中★)"]資格取得してキャリアアップを目指しましょう![/char]

 

皮膚・排泄ケア認定看護師の役割

 

疾患によって以上絵起きたした皮膚およ皮膚障害のリスクの高い弱った皮膚を適切にケアし、健康と取り戻すこと、排泄障害からくるくる苦痛が和らげ人間としての尊厳を保って人間らしく生きる意欲を持たせることが皮膚・排泄ケア認定看護師の役割です。

現場では処置だけでなく、在宅療養の患者や今後退院する予定の入院患者とその家族へ対してセルフケアや家族による介助方法を指導します。

皮膚・排泄ケアは看護方法を誤ると、とこずれの悪化や衛生面の悪化による感染リスクが高まります

他の看護スタッフへ対しても指導や相談を行い、患者とその生活環境の改善を務めることも皮膚・排泄ケア認定看護師の役割です。

 

皮膚・排泄ケア認定看護師になるには

 

【資格取得条件】
・日本看護免許を持っている
・免許取得後、実務経験5年以上、認定分野3年以上であること
・認定看護師教育機関(課程)修了していること。
・教育機関は6ヶ月以上昼間に連続した教育であること

皮膚・排泄ケア認定看護師を取得するための実務経験は、次の3つの条件を満たしていることが望ましいと看護協会が定めています。

・通算3年以上。外科系領域またはストーマケアを行う病棟・外来・在宅ケア領域の看護実績があること。

・ストーマ造設患者の看護を1例以上、及び創傷または失禁ケア領域の看護を4例以上担当した実績を有すること。

・現在創傷ケア、ストーマケア、失禁ケアを行う病棟・外来・在宅ケア領域で勤務していることが望ましい。

皮膚・排泄ケア認定看護師になるには認定試験を合格する必要があります。
合格率は90%以上なのでそう高い難易度ではありせん。

しかし受験資格を得る過程が長いのでそれまでの難易度が高いものです。

 

皮膚・排泄ケア認定看護師の教育機関

皮膚・排泄ケア認定看護師の教育機関はこちらです。

・北海道医療大学 認定看護師研修センター(北海道)

・日本看護協会 看護研修学校(東京都)

・長野県看護大学 看護実践国際研究センター(長野県)

・静岡県立静岡がんセンター 認定看護師教育課程’(静岡県)

・京都橘大学 看護教育研修センター (京都府)

:福岡県看護協会(福岡県)

:沖縄県看護協会(沖縄県 )

 

 

皮膚・排泄ケア認定看護師の教育カリキュラム

認定看護師の皮膚・排泄ケア分野のカリキュラムや所要時間は、各教育機関によって異なります。

日本看護協会看護研修学校の皮膚・排泄ケア看護分野のカリキュラムを紹介します。

 

共通科目:150時間

認定看護師に必要な共通の能力を養うための10科目をそれぞれ15時間ずつ履修します。

・看護管理

・リーダーシップ

・文献検索、文献講読

・情報管理

・看護倫理

・指導

・相談

・対人関係

・臨床薬理学

・医療安全管理

 

 

専門基礎科目(60時間)

以下の3科目60時間を履修します。

・皮膚のアセスメントとケアを30時間

・精神面のアセスメントとケアを15時間

・栄養のアセスメントとケアを15時間

 

 

専門科目(225時間)

以下の7科目225時間を履修します。

・皮膚・排泄ケア概論を15時間

・排便機能に破綻をきたす病態の理解と評価を30時間

・排尿機能に破綻をきたす病態の理解と評価を30時間

・ストーマケアを30時間

・排泄ケアを30時間

・創傷の病態と治療を30時間

・創傷アセスメントと管理を60時間

 

 

演習(150時間)

以下の3つの分野に分けて合計150時間の演習を履修します。

・皮膚、排泄ケア技術

・プレゼンテーション

・ケースレポート

 

 

臨地実習(225時間)

皮膚・排泄ケアの対象の問題を的確に判断し、質の高い看護サービスを提供できるためのケアの実践能力、指導能力、スタッフからの相談能力を養います。

 

学内ケースレポート発表会(全学科合同)

学科で選出された学生の口演発表や、全員参加のポスターセッションで学んだ成果の発表と共有を行います。

 

以上合計で810時間の教育カリキュラムを受ける事で、皮膚・排泄ケア看護のスキルを習得し、認定看護師の資格を取得できます。教育機関によっては700時間を切るカリキュラムになっている所もあります。

 

皮膚・排泄ケア認定看護師に求めらるスキル

 

皮膚・排泄ケア認定看護師に求められるスキルは、創傷ケア・ストーマケア・失禁ケアの3分野の知識や技術があります。

その中でも基盤となるのがストーマケアです。

ストーマケアには尿路ストーマや消化管ストーマだけでなく気管切開孔のケアも含まれていて、今後ストーマケアの専門外来や在宅ケアのニーズも高まることが予想されていることからこれらに対応できるスキルも求められます

排泄ケアは排泄障害に対応しつつ自立すつた目の支援や指導をすることも求められることから、コミュニケーション能力も必要になります。

 

皮膚・排泄ケア認定看護師が活躍できる職場

 

皮膚・排泄ケア認定看護師が活躍できる職場は、主に寝たきりの患者が多い病棟や老人ホームです。

現場ではリーダーシップを発揮して病院や施設全体の看護サービスの質のこうじょうを目指します。

 

最近ではストーマ外来やスキンケア外来などの専門外来を設定している病院が少しずつ増えて着ていますし、スキンケア専門知識や技術は手術後のケアにも必要になります。

なので手術室を持つ病院で働く皮膚・排泄ケア認定看護師も少なくありません。

 

また、皮膚・排泄ケアのスペシャリストとして看護学部や認定看護師スクールや講習会、セミナーの講師として活躍する皮膚・排泄ケア認定看護師もいます。

 

皮膚・排泄ケア認定看護師になるために

 

皮膚・排泄ケア認定看護師になるには多額の費用がかかります。

教育機関の授業料だけでも70万円以上かかり、実習費など含めれば100万円以上かかってしまいます。

そんな時に頼りになるのが認定看護師の資格所得を支援してくれる病院です。

このような病院へ転職すれば、その費用を負担してくれるなどサポートしてくれるので皮膚・排泄ケア認定看護師になりやすくなります。

 

[blogcard url="https://liquidapsive.com/?p=757"]

 

まとめ

皮膚・排泄ケア認定看護師は認定看護師は2番目に人気が高い認定看護師です。

創傷、褥瘡、ストーマー、失禁などの分野のプロフェッショナルとしてのスキルを身につける資格です。

活躍できる領域は幅広く、寝たきりの患者や利用者が多い施設や病棟に集中しています。

-看護師のキャリアアップ

© 2021 元クリニック医療者の看護師さんへの仕事アドバイス|看護師天使 Powered by AFFINGER5