看護師のキャリアアップ

【転職に有利!】キャリアアップで緩和ケア認定看護師になるには

 

緩和ケアは生命を脅かす疾患によって引き起こされる身体的・心理的・社会的な問題を早期に判断して予防することでその患者とその家族に対してQOLを改善するためのアプローチをします。

代表的な疾患ではがんが挙げられます。

重い病を抱える患者やその家族一人一人に対して身体や心などのつらさをやわらげ、より豊かな人生を送るように支えていきます。

 

緩和ケア認定看護師はこの分野でうより高度且つ専門的なケアができる看護師です。

その道のスペシャリストとして豊富な知識と高いコミュニケーション能力で、患者と家族を支援して、他の看護師やスタッフへの相談や指導をして緩和ケアの質の向上に寄与することが大切です

 

緩和ケア認定看護師の役割

 

緩和ケア認定看護師の役割は、患者ごと家族が抱えている様々な苦しみに対してあらゆる方法でその悩みや苦痛を緩和する手伝いをすることが求められます。

医療知識だけでなく、コミュニケーション能力も必要です。

認定看護師は同僚の相談や指導も行います。

重い病と闘病する患者に看護をしている看護師は、仕事に対してやや身があったり、精神的に辛くなっていることが喘います。

緩和ケア認定看護師はそのようなスタッフを支えてそれぞれの患者の対処法を考えていく役割もあります

 

患者によっては病気に対して認識と価値観はざまざまなので、患者にあった対処法というものがあります。
そのため、緩和ケア認定看護師は患者や家族の話をよく聞いて意見や希望を尊重しながら最善な治療法を提案して不安をやわらげるケアを行います

 

緩和ケア認定看護師になるには

 

【資格取得条件】
・日本看護免許を持っている
・免許取得後、実務経験5年以上、認定分野3年以上であること
・認定看護師教育機関(課程)修了していること。
・教育機関は6ヶ月以上昼間に連続した教育であること

緩和ケア認定看護師の実務経験は次の3つの条件を満たしている事が望ましいと看護協会が定めています。

 

・通算3年以上緩和ケアを受ける患者の多い病棟、または在宅ケア領域でのケアでの看護実績を有する事。

・緩和ケアを受ける患者を5例以上担当した実績を有する事。

・現在、緩和ケアを受ける患者の多い病院、または在宅ケア領域で勤務している事が望ましい。

 

緩和ケア認定看護師の認定審査は合格率が90%ですが、これは認定看護師教育機関に入学しカリキュラムを修了、卒業した人によるものなので、受験資格を得るまでの難度が高いです。

 

緩和ケア認定看護師の教育機関

2018年現在の緩和ケア認定看護師の教育機関はこちらです。

 

・北海道医療大学 認定看護師研修センター(北海道)

・岩手医科大学附属病院 高度看護研修センター (岩手県)

・埼玉県立大学 地域産学連携センター (埼玉県)

・ 国立がん研究センター東病院 認定看護師課程(千葉県)

・神奈川県看護協会 認定看護師教育課程(神奈川県)

・新潟県看護協会 (新潟県)

・山梨県立大学 看護実践開発研究センター (山梨県)

・富山県看護協会 富山県認定看護師教育センター(富山県)

・静岡県立静岡がんセンター 認定看護師教育課程 (静岡県)

・日本看護協会 神戸研修センター(兵庫県)

・島根県立大学出雲キャンパス看護栄養交流センター(島根県)

・久留米大学認定看護師教育センター (福井県)

・沖縄県看護協会(沖縄県)

 

緩和ケア認定看護師に求められるスキル

 

緩和ケア認定看護師の目標は、患者の抱える疾患からくる身体的・心理的・社会的問題を予防、緩和させる事でQOLを向上させるアプローチをする事です

患者は病気の進行によって喪失感や悲観を経験するので、クリーフケア能力や、家族への精神的なケア能力、痛みや呼吸困難などの身体的苦痛を緩和する知識や技術も求められます。

緩和ケアは告知の有無や治療の中止など難しい問題が含まれます。

そのため、正しい倫理観で判断する能力や、治療・看護において倫理的問題が潜んでいないかを見極める能力も緩和ケア認定看護師に求められるスキルです

さらに他の医療スタッフを支えるためのコミュニケーション能力や指導するためのマネジメント能力も必要になります。

 

緩和ケア認定看護師が活躍できる職場

 

緩和ケア認定看護師は主に総合病院、もしくは看護師長や部長など管理職として勤務している事が多いです

特に病床数の多い病院や高度な医療やガン治療を得意としている大規模な病院で緩和ケア認定看護師が活躍しています。

 

他にも救命救急センターで事故や急病の患者やその家族をケアする働き方などもあり、緩和ケア認定看護師の資格を持っていれば職場探しに苦労する解くことはまずないでしょう。

最期を自宅で迎えたいというケースもあるため、在宅看護の分野でも求められる可能性があります。

 

緩和ケア認定看護師になるために

 

緩和ケア認定看護師になるには教育機関の授業料など多額の費用がかかります。

そこで頼りになるのが認定看護師を支援してくれる病院です。

支援してくれる病院はこの費用を負担してくれたり、教育機関に通っている間休暇扱いにしてくれなど資格取得のためにサポートしてくれます。

なのでこのような病院へ転職すれば緩和ケア認定看護師に負担が少なく目指す事ができます。

 

[blogcard url="https://liquidapsive.com/?p=757"]

 

まとめ

緩和ケアは患者と身体とこことの様々な苦痛を緩和することで、主にがん患者を扱うことが多いです。

緩和ケア認定看護師は、高い経験と知識、コミュニケーション能力が求められます。

 

>>土日休み看護師の勤務先別ランキング

>>看護師がケアマネージャーの資格でキャリアアップするには

-看護師のキャリアアップ

© 2021 元クリニック医療者の看護師さんへの仕事アドバイス|看護師天使 Powered by AFFINGER5