看護師のキャリアアップ

キャリアアップで感染管理認定看護師になるには

 

感染管理認定看護師は病院などの医療機関に所属して、医師や薬剤師など院内感染対策チーム、または同様の委員会などで、病院全体の院内感染防止など感染対策を行います。

観戦管理とは在宅を含めて全ての医療施設を利用する医療従事者は患者、その家族などを感染から守るための組織です、

感染管理の業務は一歩間違えてしまうと院内全体が感染症にかかってしまう危険性があるので、豊富な専門知識が必要とされています。

感染管理認定看護師の役割は感染管理のスペシャリストとして管理体制の徹底や院内感染の可能性のある場所に訪れる人やそこで働く人など全てを感染から守ることと、観戦対策チームのリーダーとして教育し、高い看護実践能力を認められる資格です。

 

感染管理認定看護師になるには

 

【資格取得条件】
・日本看護免許を持っている
・免許取得後、実務経験5年以上、認定分野3年以上であること
・認定看護師教育機関(課程)修了していること。
・教育機関は6ヶ月以上昼間に連続した教育であること

 

感染管理分野の認定看護師を取得ための実務経験は次の3つの条件を満たしていることが望ましいと看護協会が定めています。

 

・最新知見や自施設のサーベイランスデータ等に基づいて、自身が中心となって実践したケアの改善実績を1事例以上有すること。

・医療施設において医療関連感染サーベイランス(血液感染、尿路感染、肺炎、手術部位感染)について計画から実施、評価まで担当した実績を1事例以上有すること。

・現在、医療施設等において、専従または兼務路して携わっていること。

 

感染管理認定看護師の資格は日本看護協会がしている教育機関を卒業してその後の試験に合格することで得ることができます。

試験は落とすための試験ではないので合格率は90%ですが油断しないようしっかりと勉強したほうがいいです。

どちらかというと試験よりかは試験を受ける資格を得るまでは過酷と言えます。

 

感染症管理看護師の教育機関

2018年現在の感染症管理看護師の教育機関はこちらです。

 

・北海道医療大学 認定看護師研修センター(北海道)

・日本看護協会 看護研修学校(東京都)

・神奈川県立保健福祉大学 実践教育センター(神奈川県)

・北里大学看護キャリア開発・研究センター認定看護師教育課程(神奈川県)

・長野県看護大学 看護実践国際研究センター(長野県)

・石川県立看護大学附属看護キャリア支援センター(石川県)

・三重県立看護大学 地域交流センター(三重県)

・日本看護協会 神戸研修センター(兵庫県)

・山口県立大学 看護研修センター(山口県)

・国際医療福祉大学 九州地区生涯教育センター(福岡県)

・宮崎県立看護大学 看護研究・研修センター(宮崎県)

・沖縄県看護協会 (沖縄県)

 

感染管理認定看護師に求められるスキル

 

感染症は、いつどこで流行が起こって感染の拡大被害がえるかわかりません。

感染管理認定看護師はチームの同僚と協力や院内の様々なスタッフと連携、情報収集、指導などをして、感染管理に関わる組織が円滑に機能するよう中心的役割を担います。

 

感染管理の知識や技術の分野で求められるスキルは、感染管理学、感染症学、観戦防止技術、疫学、医療管理学、統計学、洗浄や消毒、滅菌とフィシリティマネジメントなどが挙げられます。

知識と技術を生かして施設の状況を把握してそれにあった感染管理プログラムを立案して実践して評価することが感染管理認定看護師の役割です。

 

感染管理認定看護師が活躍できる職場

 

感染管理認定看護師が活躍できる職場は主に総合病院や老人ホームがあり、感染管理を特に必要とする急性期の患者の多い病院や感染症専門病院など様々な場所で活躍することができるでしょう

また、資格取得前の病棟や外来勤務を継続する人もいれば、資格取得して院内や施設内の感染管理チームに異動する看護師もいます。

感染症は様々なリスクを伴いますので、患者や利用者の処置を行う現場ではどこに行っても活躍することができるでしょう。

 

感染管理認定看護師になるために

 

感染管理認定看護師になるには日本看護協会がしているす教育機関に入学して6ヶ月のキャリキュラムを修了して卒業して試験に合格することで認定されます。

この費用には授業楼で約70万円や実習費で10万円などで100万円以上の多額の費用がかかってしまいます

その時に頼りにしたいのが認定看護師資格取得を奨励・サポートしてくれる病院です。

そのような病院では費用を負担してくれたり、教育機関に通っている間を休暇扱いにしてくれるなどサポートをしてれます。

資格取得後にそのまま同じ職場で感染管理認定看護師路して活躍できこともあるかもしれません。

なので、転職を検討してみてはいかがでしょうか?

 

[blogcard url="https://liquidapsive.com/?p=757"]

 

まとめ

感染管理認定看護師は感染症や観戦ん対策のスペシャリストとして総合病院や介護施設で活躍します。

感染管理のためのスキルアップは資格は、感染症看護分野の専門看護師もありますが、資格取得者は認定管理に集中しています。

-看護師のキャリアアップ

© 2021 元クリニック医療者の看護師さんへの仕事アドバイス|看護師天使 Powered by AFFINGER5